プラスチックについて

熱硬化性樹脂とは

熱可塑性樹脂とは

プラスチックとは

プラスチックとは一般的に石油から作られる合成樹脂のことになります。
熱や圧力を加えることによって成型加工の出来るとても大きな可能性を秘めた物です。又、プラスチックと一まとめに言っても、細かく分けると種類が沢山あり、製品それぞれにメリット、デメリットがあり、特性も違います。

金型による成型をしやすいので大量に生産される工業用品の部品や日用品等の部品として目的や用途に応じた樹脂を合成して製作します。

その中でメリットとしまして、電気を通しませんし水に強く腐りにくいです。

熱も伝えにくいですし軽くて製品によっては衝撃にも強く着色性もいいです。

デメリットとしましては、廃棄後の処理がしにくい樹脂もあり、環境的に良くないプラスチックもある。それと、紫外線(太陽)にも弱いものが多いです。

熱にも弱く加熱すると解けやすいものが多いです。

只、最近では、上記に当てはまらないプラスチックの開発が進んでいます。

たとえば、電気を通すプラスチックは微生物によって分解処理されるような環境にやさしいプラスチックもあります。